2008年09月25日

チャンドラーモデル

チャンドラーは企業成長を4つの階層に分類した。
チャンドラーは4段階を経て多角化した製品―市場分野ごとに事業部を作り、事業部制組織が登場した。
これら4段階をチャンドラーモデルという。

1段階:垂直統合戦略を行い、経営資源を蓄積する段階である
    急速に増加した需要を満たすために行う

2段階:経営資源を能率的かつ有効に活用するための組織を作る段階
    各諸資源を「組織」として有効に活用する

3段階:多角化戦略を行う新たな成長段階
    成熟による発展の限界から経営資源を有益に転用する

4段階:経営資源の運用の合理化とさらなる成長のために組織を革新していく段階


posted by masa at 18:34 | Comment(0) | 組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。